server-memo.net

sshd待ち受け(Listen)IPアドレス指定

      2016/01/22

複数NICがある場合や、NICにsecondaryアドレスを振っている場合に、sshの接続を受け付けるIPアドレスを指定する方法です。

設定方法

sshdの設定ファイルである「/etc/ssh/sshd_config」の「listenAddress」部分を変更することで、受付IPアドレスの指定を行うことができます。

設定書式

ListenAddress [IPアドレス]

設定変更

IPv4とIPv6それぞれの設定を行うことが出来ますが、今回は「192.168.1.150」でのみ接続を受け付ける設定を行う場合の例です。

まずは、設定ファイルのバックアップをとってから作業を行います。

# cp - /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config_yyyymmdd
# vi /etc/ssh/sshd_config

変更箇所

変更前

#ListenAddress 0.0.0.0

変更後

コメントされてるので、「#」を削除し「0.0.0.0」の部分をSSH接続を受け付けるIPアドレスに変更します。

ListenAddress 192.168.1.150

IPv6の場合

IPv6の設定する場合は、下記の部分がIPv6の設定箇所となるので、IPv4の設定と同じ様に設定するアドレスに書き換えてください。

#ListenAddress ::

設定反映

sshdサービスの設定を再読み込みすることで、設定を反映させることが出来ます。

ただし、設定を間違ったりするとSSHで接続することが出来なくなりますので、現在接続してるSSHの接続は絶対に切断しないでください。

CentOS7の場合

# systemctl reload sshd

CentOS6までの場合

# service sshd reload

動作確認

現在接続されているSSH接続はそのままで、新しくSSH接続を行い下記の確認を行います。

  • 設定したIPアドレスにSSH接続が出来ること
  • 設定したIPアドレス以外のIPにSSH接続が出来ないこと

上記2点の動作確認を行って、問題がなければ設定完了です。

 - SSH