server-memo.net

【シェルスクリプト】コメントの書き方

   

シェルスクリプトでのコメントの書き方についてです。

コメント書き方

シェルスクリプト内にコメントを書く場合は、「#」を入力してからその後にコメントを書くという形式になり
「#」を入力した位置から行の最後までがコメントとして扱われます。

ただし、「"」(ダブルクォーテーション)や「'」(シングルクォート)で囲っている場合は、文字列として扱われてしまいコメント扱いにはなりません。

記述例

何種類かのパターンを記述して「comment.sh」というシェルスクリプトを作成しました。

  1. 行頭に「#」を記述して一行全部をコメントとする
  2. 行の途中に「#」を記述してコメントとする
  3. 「#」をダブルクォートで囲んでみる
  4. 「#」をシングルクォートで囲んでみる
#!/bin/bash
#
# 1.行を全部コメントとする
#

echo "Hello World."    # 2.行の途中からコメントとする

echo "Hello World.     # 3.ダブルクォートで囲んでみる"

echo 'Hello World.     # 4.シングルクォートで囲んでみる'

実行結果

作成したスクリプト実行してみると、どのパターンがコメントになるかが一目瞭然です。

$ sh ./comment.sh
Hello World.
Hello World.     # 3.ダブルクォートで囲んでみる
Hello World.     # 4.シングルクォートで囲んでみる

「1」と「2」のパターンはコメントとして認識されていて、「3」と「4」のパターンは文字列として認識されていることが分かります。

 - シェルスクリプト