TeraTermでファイルの送受信(SCP)

TeraTermでファイルを送受信する方法

SSHクライアントであるTeraTermにはSCP使用してサーバとファイルの送受信を行う機能があります。

今回はその機能を使用してファイルを転送する方法を説明します。(とっても簡単です)

この機能を使用すると、ファイルを送受信するためにFTPサーバをいちいち構築する必要がなくなるのでとても便利ですよ。

フォルダ(ディレクトリ)は取り扱いできません

SCPではフォルダ(ディレクトリ)を送受信することが出来ません。

そのためフォルダを送受信したい場合は、圧縮等を行って1つのファイルとしてから送受信を行う必要がありますので、注意をしてください。

ファイルの送信(アップロード)

ファイルの送信を行いたいサーバにSSHで接続したあとに、TeraTermで「ファイル」-「SSH SCP」と選択します。

ファイルを送受信するためのウィンドウが表示されるので、「Send」ボタンの横にある「…」ボタンを押下して、サーバに送信したいファイルを選択します。

※直接ウインドウにファイルをドラッグアンドドロップすることでも選択することができます。

選択したファイルに間違いがないことを確認した後に、「Send」ボタンを押下することでサーバにファイルを送信することが出来ます。

ファイルはSSHで接続したユーザのホームディレクトリに送信されます。

ホームディレクトリ以外に送信したい場合は、「To:」の部分でパスを指定してから「Send」ボタンを押下することで送信先を指定することができます。

その際の注意点としては、送信先に書き込み権限がある必要があるので事前にパーミッションの確認をしておいてください。

ホームディレクトリにある「test」ディレクトリにファイルを送信する場合は、下記のように指定を行います。

書き込み権限が無い場所にファイルを送信しようとすると、「Permission deneid」のエラーが表示されます。

ファイルの受信(ダウンロード)

ファイル転送を行いたいサーバにSSHで接続し、「ファイル」-「SSH SCP」と選択します。

ファイル転送用のウィンドウが表示されるので、「From:」の部分に受信したいファイルを記述して「Receive」ボタンを押下することでファイルを受信することが出来ます。

「To:」部分の横にある「…」ボタンを押下することで、ファイルを受信するフォルダを指定することができます。

ファイルを指定する場合の注意点としては、SSHで接続したユーザのホームディレクトリにあるファイルを指定する場合は、ファイル名のみでも良いのですが、それ以外のディレクトリにあるファイルを指定する場合はフルパスで指定する必要があります。(ユーザのホームディレクトリからの相対パスでも可)

受信を行うファイルや格納されているディレクトリに、SSHで接続したユーザへの読み込み権限が無い場合には「Permission Error」が発生するので、事前にパーミッションの確認を行っておいてください。

シェアする