CentOS7にGoogle Chromeをインストール

CentOS7に「Google Chrome」をインストールする方法です。

rpmファイルをダウンロードしてきてインストールする方法もありますが、今回はインストール用のリポジトリを作成して、「yum」でインストールする手順となります。

リポジトリの作成

「yum」でインストールできるように、「google Chrome」用のリポジトリを作成します。

# vi /etc/yum.repos.d/google-chrome.repo

設定内容は下記のとおりです。

[google-chrome]
name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/x86_64
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

「Google Chrome」をrpmファイルでインストール行うと、自動的に上記のリポジトリが追加されます。

今回は最初から「yum」で「Google Chrome」をインストールするために、先にリポジトリを作成してます。

インストール

リポジトリの作成が完了しましたら、あとは「yum」で「Google Chrome」をインストールすることができます。

# yum install google-chrome-stable

足りないソフトがあった場合は、下記のようにどのパッケージに含まれているかを探して、インストールを行ってください。

# yum whatprovides ソフト

Chromeの起動

インストールされた「Google Chrome」は「アプリケーション」-「インターネット」にあるアイコンから起動することが出来ます。

CUIからだと、下記の用に実行することで「Google Chrome」を起動させることが出来ます。

$ google-chrome &

ちなみに、インストールされている「Google Chrome」のバージョンは下記コマンドで調べることが出来ます。

$ google-chrome --version
Google Chrome 72.0.3626.96 

シェアする