webminインストール

「CentOS7」に「Webmin」をインストールする方法です。

webminリポジトリ作成

「Webmin」を「yum」でインストールできるようにするために、最初に「webmin.repo」というリポジトリを作成します。

# vi /etc/yum.repos.d/webmin.repo

設定内容

今回は「Webmin」のインストールや更新をする場合、明示的に使用するリポジトリを指定するに形にしたいので「enabled=0」としています。

[webmin]
name=Webmin Distribution Neutral
baseurl=http://download.webmin.com/download/yum
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.webmin.com/jcameron-key.asc

webminインストール

最初にGPGキーのインポートを行ってから「yum」でインストールを行っていきます。

# rpm --import http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
# yum install --enablerepo=webmin webmin

起動・自動起動設定

インストールが完了しましたら「webmin」の起動と、自動起動の設定を行います。

# systemctl start webmin
# chkconfig  webmin on

自動起動設定について

インストールの際に用意されている自動起動設定用のファイルが「systemd」用ではないので、「systemctl enable webmin」で登録しようとすると下記のようなメッセージが表示されて、「chkconfig webmin on」で登録するように促されます。

# systemctl enable webmin
webmin.service is not a native service, redirecting to /sbin/chkconfig.
Executing /sbin/chkconfig webmin on

そのため、自動起動の設定は「systemd」ではなく「chkconfig」を使用しています。

ファイアウォール設定

「Webmin」の初期設定ではTCPの「10000」ポートを使用しますので、接続できるように「firewalld」のポートを開放します。

# firewall-cmd --add-port=10000/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload

動作確認

最後にwebブラウザでアクセスして動作確認を行ってください。

初期設定では「Webmin」にログインするためのユーザは「root」で、パスワードはOSの「root」ユーザと同じに設定されています。

※「Microsoft Edge」ではアクセスることが出来ませんでした…
chromeとかでアクセスしてみてください。

https://サーバのIPアドレスかホスト名:10000

アクセスする際にはSSL/TLSの証明書が自己署名であるため、警告のメッセージが表示されると思います。

この場合は「詳細設定」ボタンを押下します。

画面下部にサーバにアクセスするためのリンクが表示されるので、それをクリックすることでwebminに接続することが出来ます。

ログイン画面が表示されるので「root」ユーザでログインしてください。

無事ログインできるとダッシュボード画面が表示されます。

日本語化

「Webmin」の表示を日本語に変更するには下記2種類方法がありますので、それぞれの方法について説明をしていきます。

  • ユーザごとに変更
  • システム全体で変更

ユーザごとに変更

画面左側にある「Webmin」メニューから「Webmin」-「Chang Language and Theme」を選択します。

「Change Language and Theme」画面が表示されますので、「Webmin UI language」の項目で「Personal choice」を選択し、言語を「Japanese(JA_JP.UTF-8)」に設定した後に「Make Changes」ボタンを押下します。

これでログインしているユーザの表示が日本語に変更されます。

システム全体を変更

画面左側の「Webmin Configuration」を選択し、表示された画面上の「Language and Locale」アイコンをクリックします。

「Language and Locale」画面が表示されるので、「Display in language」で「Japanease(JA_JP.UTF-8)」を選択し、「Change Language」ボタンを押下します。

これで「webmin」の言語(Global language)が日本語に変更されます。

この設定は「Webmin」に登録されている全てのユーザに適用されます。

サインイン画面の表示の日本語になりました。

「言語とテーマの変更」の設定画面を表示させると「Global language」が「Japanese(ja_JP.UTF-8)」と設定されていることが確認できます。

シェアする