【CentOS7】tModLoaderServerのインストール方法

CentOS7にTerrariaの「Mod」サーバである「tModLoaderServer」をインストール方法です。

なお、「tModLoaderServer」で遊ぶにはクライアント側にも同じバージョンの「tModLoader」をインストールする必要があります。

事前準備

「tModLoaderServer」をインストールするための事前準備として下記の作業を行います。

  • unzipインストール
  • tModLoaderServer実行ユーザ作成
  • 7777番ポート開放

unzipインストール

本手順ではzipで圧縮されたインストール用のデータをダウンロードして使用するので、解凍に必要な「unzip」をインストールします。

# yum install unzip

すでにインストール済みの場合は、この手順は読み飛ばして下さい。

実行ユーザ作成

「tModLoaderServer」を実行させるためのユーザを作成します。

今回は「tmodadmin」という名前のユーザを作成していきます。

# adduser tmodadmin
# passwd tmodadmin

ポート開放

「tModLoaderServer」はバニラの「terraria」同様に7777番ポートを使用するので、「firewall-cmd」コマンドを使用してポートの開放を行います。

# firewall-cmd --permanent --add-port=7777/tcp
success
# firewall-cmd --reload
success

tModLoaderServer

「tModLoaderServer」のインストールを下記の手順で行っていきます。

  • インストール用ディレクトリ作成
  • インストールデータのダウンロード
  • 「tModLoaderServer」起動確認

インストール用ディレクトリ作成

「tModLoaderServer」のインストール用に下記のディレクトリを作成します。

  • /opt/tmod
  • /opt/tmod/download
  • /opt/tmod/bin

ディレクトリ作成後には所有者を「tModLoaderServer」実行ユーザ(tmodadmin)に設定します。

# cd /opt
# mkdir tmod
# cd tmod
# mkdir bin
# mkdir download
# chown -R tmodadmin:tmodadmin /opt/tmod

本手順では「/opt」ディレクトリ内に作成していますが、「tModLoaderServer」実行ユーザのホームディレクトリ等に作成しても問題ありません。

その場合は適宜ディレクトリ名を読み替えてください。

インストール用データのダウンロード

「/opt/tmod/downloads」に下記サイトからインストール用のデータをダウンロードしてきます。

https://github.com/tModLoader/tModLoader/releases

「Latest release」と表示されているのが最新のバージョンとなるので、Linux用のデータである「tModLoader.Linux.バージョン.zip」をダウンロードしてきて、「/opt/tmod/bin」ディレクトリに解凍します。

2021.06.01時点での最新バージョンは「tModLoader.Linux.v0.11.8.4.zip」だったので、こちらをダウンロードして「/opt/tmod/bin」ディレクトリに解凍します。

$ su - tmodadmin
$ cd /opt/tmod/download
$ curl -LO https://github.com/tModLoader/tModLoader/releases/download/v0.11.8.4/tModLoader.Linux.v0.11.8.4.zip
$ unzip tModLoader.Linux.v0.11.8.4.zip -d /opt/tmod/bin

注意点

ここでダウンロードしてするデータのバージョンと、クライアント側にインストールする「tModLoader」のバージョンは同じである必要がありますので注意してください。

パーミッション設定

「/opt/tmod/bin」ディレクトリ内に解凍された中の「tModLoaderServer.bin.x86_64」が、「tModLoaderServer」の実行ファイルになりますので、パーミッションを744に設定しておきます。

$ cd /opt/tmod/bin/
$ chmod 744 tModLoaderServer.bin.x86_64

起動確認

正常にtModLoaderServerが起動するか確認のために「tModLoaderServer.bin.x86_64」を実行します。

$ ./tModLoaderServer.bin.x86_64 -savedirectory /opt/tmod

今回は「ワールド」「Mod」「ログ」等のデータ格納場所を「tModLoaderServer」をインストールするために作成した「/opt/tmod」ディレクトリ内にしたいので、「savedirectory」オプションで「/opt/tmod」を指定しています。

この場合「ワールド」「Mod」「ログ」ファイルは、「/opt/tmod/ModLoader」内にある下記ディレクトリに保存されます。

  • ワールド Worlds
  • Mod Mods
  • ログ Logs

ワールドデータやModの格納場所について

「savedirectory」オプションを指定していない場合、「ワールド」「mod」「ログ」ファイルはユーザのホームディレクトリ内に作成された「.local/share/Terraria/ModLoader」にある、下記ディレクトリに保存される設定となっています。

  • ワールド Worlds
  • Mod Mods
  • ログ Logs

ワールドの新規作成

インストール直後はワールドが作成されていないので「n」キーを押下して、新しいワールドを作成します。

$ ./tModLoaderServer.bin.x86_64 -savedirectory /opt/tmod
Unloading mods...
Finding Mods...
Instantiating Mods...
Initializing: ModLoader v0.11.8.4
Setting up...
Loading: ModLoader v0.11.8.4
Adding Recipes...
Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

n	New World
d Delete World
m		Mods Menu
b		Mod Browser

Choose World: n

ワールドのサイズ設定

作成するワールドの大きさを選択します。

今回作成するワールドは動作確認用なので、「1」を入力してSmallサイズを選択しています。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1       Small
2       Medium
3       Large

Choose size: 1

難易度の設定

ワールドの難易度を設定します。

動作検証用なのでどちらでも良いのですが、今回は「1」のNormalを選択しています。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1       Normal
2       Expert

Choose difficulty: 1

ワールド名設定

ワールド名の設定を行います。

テスト用のワールドなので「test」という名前を設定しました。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Enter world name: test

ワールド名を設定するとワールドの作成がはじまります。

使用するワールドの選択

メニュー画面に作成したワールドが表示されるので、「1」を入力してそのワールドを選択します。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1               test
n       New World
d Delete World
m               Mods Menu
b               Mod Browser

Choose World: 1

最大プレイヤー数設定

最大プレイヤー数の設定を行います。

今回は「Enter」キーを押下して8名としました。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Max players (press enter for 8): 

ポート番号設定

「tModLoaderServer」が使用するポート番号の設定を行います。

初期設定は「7777」番ポートとなりますので、変更を行わない場合はそのまま「Enter」キーを押下してください。

変更したい場合は、使用したいポート番号を設定してください。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Server port (press enter for 7777): 

ポートフォワーディング設定

ポートフォワーディング設定を行います。

自動的にポートフォワーディングをさせたくないので「n」と設定します。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Automatically forward port? (y/n): n

パスワード設定

サーバに接続するためのパスワード設定します。

インターネット上に公開する場合、勝手に知らない人にログインされないようにパスワードを設定しておいたほうが良いでしょう。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Server password (press enter for none): パスワードを設定

サーバ起動の確認

tModLoaderServerの起動処理が完了すると、下記のような画面が表示されます。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Listening on port 7777
Type 'help' for a list of commands.

これで「tModLoaderServer」の起動確認は完了となります。

クライアントPCにtModLoaderを導入

「tModLoaderServer」で遊ぶためには、接続するクライアント側のPCに「tModLoader」をインストールする必要があります。

「tModLoader」は「steam」のワークショップ経由でインストールすることができます。

tModLoaderインストール

「steam」のクライアントにログインした後に、画面上部のメニューからストアを選択し、右側の検索欄で「tModLoader」を検索します。

「tModLoader」が画面に表示されるので、下の方にある「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

インストールに伴う下記の設定を行ったあとに「次へ」ボタンを押下します。

  • デスクトップショートカットを作成
  • ショートカットをスタートメニューに作成
  • 言語選択
  • インストール先のドライブを選択

「デスクトップショートカットを作成」にチェックを入れておくと、ショートカットがデスクトップに作成されるので起動が簡単になります。

EULA同意の画面が表示されるので「同意する」ボタンを押下し同意します。

インストールの設定時にデスクトップにショートカットの作成を行った場合はそちらから、作成していない場合は「steam」のライブラリからインストールをした「tModLoader」が起動できるかの確認を行います。

正常に起動した場合は、下記のような画面が表示されますので、使用する言語等の設定を行ってください。

tModLoaderServerへの接続確認

クライアントPCへの「tModLoader」インストールが完了しましたら、次に「tModLoaderServer」への接続確認を行っていきます。

画面左下の「tModLoader」のバージョンが接続しようとしている「tModLoaderServer」と同じであることを確認後し、「Multiplayer」を選択します。

接続方法は「Join via IP」を選択します。

「Select Player」の画面が表示されますので、「New」ボタンを押下して「tModLoader」用のプレイヤーを新しく作成します。

プレイヤーの作成が完了しましたら、あらたに作成したプレイヤーをダブルクリックして選択します。

接続する「tModLoaderServer」のIPアドレスを入力する画面が表示されますので、そこにIPアドレスを入力後に「Accept」をクリックします。

「tModLoaderServer」のポート番号を入力後「Accept」をクリックします。

「tModLoaderServer」への接続にパスワードを設定している場合は、パスワードの入力画面が表示されるのでパスワードを入力します。

「tModLoaderServer」にログイン出来て、ゲーム画面が表示されれば接続確認は完了となります。

接続確認が完了しましたら、ゲームから抜けておいてください。

tModLoaderServer停止

クライアントPCの「tModLoader」から接続確認が完了しましたら、一旦「tModLoaderServer」を停止させます。

「tModLoaderServer」は「exit」コマンドを入力することで停止させることが出来ます。

: exit
: Saving world data: 7%
Saving world data: 19%
Saving world data: 30%
Saving world data: 35%
Saving world data: 53%
Saving world data: 65%
Saving world data: 68%
Saving world data: 75%
Saving world data: 89%
Saving world data: 93%
Validating world save: 5%
Validating world save: 25%
Validating world save: 39%
Validating world save: 74%
Validating world save: 91%
Backing up world file

tModLoaderServerへのMod導入方法

「tModLoaderServer」への接続確認が完了しましたら、下記の手順で「Mod」を導入していきます。

  • Modのダウンロード
  • tModLoaderServerへModをアップロード
  • Modの有効化

Modのダウンロード

「Mod」はクライアントPCにインストールした「tModLoader」を使用すると、簡単にダウンロードすることが出来ます。

クライアントPC側で「tModLoader」を起動し、メニューから「Mod Browser」を選択します。

「Mod Browser」の画面が表示されるので、検索欄に導入したい「Mod」の名前を入力します。

検索結果が表示されるので、その中から導入したい「Mod」のダウンロードボタンを押下すると、「Mod」のダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了しましたら「Back」ボタンを押下します。

メニュー画面の「Mods」ボタンを押下して「Mods List」の画面を表示させます。

画面下の「Open Mods Folder」ボタンを押下することで、ダウンロードした「Mod」が格納されているフォルダが開かれます。

開かれたフォルダ内にある、拡張子が「.tmod」ファイルが「Mod」のファイルとなります。

tModLoaderServerへアップロード

ダウンロードされた「Mod」のファイルを「tModLoaderServer」の「Mod」ファイル格納用のディレクトリにアップロードしてください。

本手順では「Mod」ファイルを格納するディレクトリを「/opt/tmod/tModLoader/Mods」としていますので、そこに格納してください。

アップロードされた「Mod」ファイルの所有者が「tModLoaderServer」の実行ユーザ(本手順の場合はtmodadmin)であることを確認しておいてください。

SSHクライアントとして「TeraTarm」を使用している場合は、「scp」機能を使用すると簡単にファイルをアップロードすることが出来ます。

TeraTermでファイルを送受信する方法 SSHクライアントであるTeraTermにはSCP使用してサーバとファイルの送受信を行...

Modの有効化

「Mod」ファイルのアップロードが完了しましたら、「tModLoaderServer」で「Mod」の有効化作業を行っていきますので、「tModLoaderServer」を起動させます。

$ /opt/tmod/bin/tModLoaderServer.bin.x86_64 -savedirectory /opt/tmod

メニューが表示されますので、「m」を入力して「Mods Menu」画面を表示させます。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1               test
n       New World
d Delete World
m               Mods Menu
b               Mod Browser

Choose World: m

有効化されていない「Mod」の右端には「(disabled)」と表示されていますので、有効化したい「Mod」番号を入力するか、「e」キーで全てを有効します。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1               Calamity Mod (No Calamity Music) (disabled)
2               Calamity Mod Music (disabled)
e               Enable All
d               Disable All
r               Reload and return to world menu
Type a number to switch between enabled/disabled

Type a command: 
e

有効化された「Mod」は、右端に「(enabled)」と表示されるので確認してください。

「Mod」の有効化作業が完了しましたら、「r」キーを押下してワールドメニュー画面にもどります。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1               Calamity Mod (No Calamity Music) (enabled)
2               Calamity Mod Music (enabled)
e               Enable All
d               Disable All
r               Reload and return to world menu
Type a number to switch between enabled/disabled

Type a command: 
r

メニュー画面が表示されるので、使用したいワールドを選択するか、新しいワールドを作成して「tModLoaderServer」を開始してください。

Unloading mods...
Unloading tModLoader...
Finding Mods...
Sandboxing: CalamityMod
Sandboxing: CalamityModMusic
Instantiating Mods...
Initializing: ModLoader v0.11.8.4
Initializing: CalamityMod v1.4.5.7
Initializing: CalamityModMusic v1.4.5.3
Setting up...
Loading: ModLoader v0.11.8.4
Loading: CalamityMod v1.4.5.7
Loading: CalamityModMusic v1.4.5.3
Adding Recipes...
Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

1               test
n       New World
d Delete World
m               Mods Menu
b               Mod Browser

Choose World: 1

有効化されている「Mod」の確認方法

有効化されている「Mod」は「modlist」コマンドを実行することで確認することが出来ます。

Terraria Server v1.3.5.3 - tModLoader v0.11.8.4

Listening on port 7777
Type 'help' for a list of commands.

modlist
: Calamity Mod (No Calamity Music)
Calamity Mod Music

有効化された「Mod」として「Calamity Mod (No Calamity Music)」「Calamity Mod Music」が表示されていることが確認できます。

後は楽しくプレイしてください!

シェアする