server-memo.net

ddを使ったテストファイルの作り方

   

検証環境

OS: CentOS5

テスト用データの作成方法

「FTPでデータのダウンロードやアップロードの試験を行いたい」
「メール受信サイズ制限の確認をしたい」
「quotaの動作確認をしたい!!」
などといった場合に、適当な大きさのテストデータがすぐにあれば良いのですが、そんなに都合よく丁度良い大きさのテストデータが見つかることなんて、あまり無かったりします。そんな時は、自分でテスト用データを作ってしまえば良いのです。

肝心のテストデータの作成方法はというと、
dd コマンドを使えば好きな大きさのデータを簡単に作ることが出来ます。

書式
dd if=/dev/zero of=[作成ファイル名] bs=[ブロックサイズ(byte)] count=[ブロック数]

ブロックサイズ * ブロック数 = ファイルの大きさ となります。

ブロックサイズの値はbyte(バイト)で設定しますが、以下のような単位でも指定できます。

  • k (キロ)
  • M (メガ)
  • G (ギガ)

※詳しくは man の dd (1) を見てみてください。

 

では、実際にファイルを作成してみます、50mbというファイル名でファイルサイズが50MBのファイルを作成してみます。

$ dd if=/dev/zero of=50mb bs=1000 count=50000
読み込んだブロック数は 50+0
書き込んだブロック数は 50+0
$ ll
合計 507840
-rw-rw-r--   1 tamohiko tamohiko  50000000  9月 27 09:49 50mb

ブロックサイズをMB単位で指定したほうが、簡単にファイルサイズを調整できるでしょう。
(私は、byte から MB といった変換計算が苦手なので、いつもこっちの方法でファイルを作っています:-p)

$ dd if=/dev/zero of=50mb bs=1M count=50
読み込んだブロック数は 50+0
書き込んだブロック数は 50+0
$ ll
合計 519996
-rw-rw-r--   1 tamohiko tamohiko  52428800  9月 27 11:45 50mb

以上。

 - Tips