server-memo.net

CentOS7 MariaDBインストール

   

CentOS7から標準のデータベースサーバが「MySQL」から「MariaDB」に変更されています。今回はその「MariaDB」のインストールと初期設定方法についての手順をまとめてみました。

※「MySQL」が「Oracle」に買収されたため、互換版の「MariaDB」が標準になったようです。

MariaDBインストール

「MariDB」のインストールは「yum」コマンドを使用することで、簡単にインストールすることが出来ます。

# yum install mariadb mariadb-server

MariaDB起動

インストールが完了しましたら、「MariaDB」を起動させておきます。

# systemctl start mariadb

自動起動設定

忘れずに自動起動の設定も行っておきましょう。

# systemctl enable mariadb

MariaDB初期設定

インストールされてすぐの「MariaDB」はセキュリティ的にあまり好ましくない設定なので、まず初めに「mysql_secure_installation」コマンドを使用して、「MariaDB」の初期設定を行っていきます。

「mysql_secure_installation」コマンドで設定される項目は下記の内容となります。

  • MariaDBのrootにパスワード設定
  • 匿名ユーザ(anonymous)の削除
  • リモートからrootユーザ接続禁止
  • テスト用データベースの削除

初期設定

「mysql_secure_installation」コマンドを使用して、実際に「MariaDB」の初期設定を行っていきます。

# mysql_secure_installation

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] <--「y」または「Enter」キーを押下
New password:       <--「MariaDB」のrootパスワードを設定
Re-enter new password:  <--パスワードの再入力
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] <--「y」または「Enter」キーを押下
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] <--「y」または「Enter」キーを押下
 ... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] <--「y」または「Enter」キーを押下
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] <--「y」または「Enter」キーを押下
 ... Success!

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

以上で「MariaDB」のインストールと初期設定は完了となります。

文字コード設定

「MariaDB」で日本語を取り扱うのであれば、「/etc/my.cnf.d/server.cnf」でデフォルトの文字コードの設定ができますので、「utf-8」に設定しておきましょう。

# cd /etc/my.cnf.d/
# cp -p server.cnf server.cnf_yyyymmdd
# vi server.cnf

設定内容

[mysqld]
character-set-server = utf8  <-- 設定追加

設定反映

設定を反映させるために「MariaDB」を再起動させます。

# systemctl restart mariadb

 - MariaDB