server-memo.net

postfixインストール(基本設定)

      2016/12/02

以前の記事がCentOS4.4環境という古い情報だったので、CentOS7環境での設定方法に情報を更新しました。

以前の記事はこちらになります。

イメージ図

今回構築しようとしているメールサーバ(mail.server-memo.net)の構成イメージ図です。

mailsystem-image

SMTPサーバ(postfix)とIMAP/POPサーバ(dovecot)を一つにまとめた、シンプルで基本的な構成となっています。

ルーターまたはファイアウォールに割り当てられているグローバルIPをDNSに登録して、そこの25番(SMTP)ポート宛にきた通信を内部のネットワークにある「mail.server-memo.net」にポートフォワーディングさせるという構成をイメージしています。

DNSへの名前登録

DNSの設定が終わっていることが、「postfix」を動かす前の前提条件となりますので、下記レコードの設定が完了していることを確認してください。

  • Aレコード
  • MXレコード
  • PTR(逆引き)レコード

PTR(逆引き)レコードが設定できなくてもメールの送受信は可能ですが、スパム対策の一環としてPTR(逆引き)レコードに登録されているサーバ名と、メールサーバの名前(Aレコード)が一致していない場合スパムと判定する設定を行っているメールサーバが一部にありますので注意してください。

postfix設定

CentOS7の環境ではデフォルトのメールサーバとして「postfix」が採用されているため、特にインストール作業は必要ありません。

ですので、今回は設定方法についてのみ説明をしていきます。

設定ファイル

「/etc/postfix/main.cf」が「postfix」の設定ファイルとなりますので、 設定ファイルのバックアップを行ってから編集を行っていきます。

# cd /etc/postfix
# cp -p main.cf  main.cf_yyyymmdd
# vi main.cf

設定項目

「postfix」には数多くの設定項目がありますが、今回はとりあえず動作させるために必要な基本の設定項目を説明していきます。

設定項目 説明
myhostname ホスト名をFQDN形式(ホスト名+ドメイン名)で設定
mydomain ドメイン名を設定
myorigin ローカルから送信されたメールのメールアドレス@以下の内容を指定
inet_interfaces メールの送受信を行うインターフェイスを指定
mydestination ローカルユーザに配信するメールアドレスを設定
mynetworks メール送信を許可するクライアントのIP情報を設定
home_mailbox 受信メールのデータ形式を指定
mbox形式ならばMailbox Maildir形式ならばMaildir/を指定

設定例

今回は以下のような設定を行っていきます。

設定項目 設定箇所 設定内容
ホスト名 myhostname mail.server-memo.net
ドメイン mydomain server-memo.net
メールアドレスの@以下ドメイン名 myorigin $mydomain (mydomainで設定した値)
メール受付NIC inet_interfaces all (すべてのNICでメール受付可能とする)
ローカル配送するメール指定 mydestination 「localhost.server-memo.net」「localhost」「server-memo.net」
メール送信許可ネットワーク mynetworks 「192.168.1.0/24」と「127.0.0.1/8(ローカルホスト)」ネットワークに属しているクラインアントからはメール送信を無条件許可
ローカルユーザに配送したメールデータの保存形式 home_mailbox Maildir/ (Maildir形式)
設定変更部分抜粋

「main.cf」から上記の設定を行った部分を抜粋しました。

myhostname = mail.server-memo.net
mydomain = server-memo.net
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
mydestination = localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8
home_mailbox = Maildir/

設定反映

設定が完了しましたら、「postfix」を再起動して設定を反映させます。

# systemctl restart postfix

dovecot設定

「pop/imap」サーバとして「dovecot」をインストール・設定していきます。

インストール

「yum」を使用して「dovecot」をインストールします。

# yum install dovecot

設定

とりあえず動作させるための最低限の設定を行っていきます。

「/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf」を編集して、postfixから配送されたメールデータの場所と形式を指定します。

# cd /etc/dovecot/conf.d
# cp -p 10-mail.conf 10-mail.conf_yyyymmdd
# vi 10-mail.conf

設定内容

「postfix」で「home_mailbox = Maildir/」と設定してあるので、「mail_location」でメールデータの形式を「maildir」格納場所を「~/Maildir」(各ユーザのホームディレクトリにあるMaildirディレクトリ)を指定します。

変更前
#mail_location =
変更後
mail_location = maildir:~/Maildir

起動

設定が完了しましたら「dovecot」を起動させます。

# systemctl start dovecot

自動起動設定

自動起動の設定も忘れずに行っておきます。

# systemctl enable dovecot

動作確認

「postfix」と「dovecot」の設定反映が完了しましたら、次に動作試験を行っていきます。

メール送受信試験

メーラーの設定を行って、メールの送受信試験を行ってください。

メーラーが用意できない場合は、telnetを使用して動作試験を行うことが出来ます。

メール送信試験(telnetでの実施方法)

telnetで25番(smtp)ポートを指定して接続してあげると「postfix」に接続することができるので、「SMTP」コマンドを実行して、メール送信試験を行います。

  • 「telnet メールサーバ 25」 25番ポートを指定してtelnetで接続
  • 「HELO メールサーバ名」 
  • 「MAIL FROM: 差出メールアドレス」
  • 「RCPT TO: 送信先メールアドレス」
  • 「DATA」 メール本文を入力

「DATA」と入力したあとに「Enter」キーを押下してから、メール本文を入力します。

入力が終わったら「Enter」キーを押下して改行後「.」を入力して「Enter」キーを押下することでメールが送信されます。

メールが送信されたら「quit」と入力をして切断します。

実行例
# telnet mail.server-memo.net 25
Trying xxx.xxx.xxx.xxx...
Connected to mail.server-memo.net.
Escape character is '^]'.
220 mail.server-memo.net ESMTP Postfix
HELO mail.server-memo.net
250 mail.server-memo.net
MAIL FROM: test@server-memo.net
250 2.1.0 Ok
RCPT TO: user@example.com
250 2.1.5 Ok
DATA
354 End data with .
Test mail from test@server-memo.net
.
250 2.0.0 Ok: queued as A5205C3127A2
quit
221 2.0.0 Bye
Connection closed by foreign host.

メールPOP受信試験(telnetでの実施方法)

メールの受信試験も「telnet メールサーバ 110」で接続することで可能ですので、そちらの方法も説明させていただきます。

  • 「telnet メールサーバ 110」で110番ポートを指定してtelnetで接続
  • 「user ユーザ名」メールを受信するユーザ名を入力
  • 「pass パスワード」パスワードを入力
  • 「list」受信したメールを番号で表示
  • 「retr メール番号」表示したいメールの番号を入力
  • 「quit」切断する場合に入力
実行例
# telnet mail.server-memo.net 110
Trying xxx.xxx.xxx.xxx...
Connected to mail.server-memo.net.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
user test
+OK
pass xxxxxxxxxx
+OK Logged in.
list
+OK 917 messages:
1 839
2 839
3 839
4 839
5 839
6 839
7 839
8 839
9 839
10 839
.
retr 1
+OK 839 octets

##### メールが表示されます #####

quit
+OK Logging out.
Connection closed by foreign host.

不正中継試験

メールの送受信が問題なくできることが確認できたら、次に不正中継されないかどうかの試験を行いましょう。

試験には下記のサイトを使用すると良いでしょう。
http://www.rbl.jp/svcheck.php

不正中継の試験も問題がなければ、「postfix」と「dovecot」の基本的な設定は完了となります。

 - postfix