【Ubuntu】ユーザにsudoを許可する方法

Ubuntuで一般ユーザにsudoを許可する方法です。

sudoの許可方法

sudoグループにsudoを許可させたいユーザを追加することで、sudoを使用できるようになります。

sudoグループへの追加は「gpasswd」コマンドを使用すると簡単に行えます。

sudoできる一般ユーザが存在しない場合などは、rootユーザで「gpasswd」コマンドを実行しユーザをsudoグループに追加します。

# gpasswd -a ユーザ名 sudo

sudoできるユーザの場合はsudoを使用して「gpasswd」コマンドを実行しユーザをsudoグループに追加します。

$ sudo gpasswd -a ユーザ名 sudo

設定確認

「/etc/group」ファイルを確認して、sudoグループに該当ユーザが追加されていることを確認してください。

$ cat /etc/group | grep sudo

他の確認方法としては、sudoグループに追加したユーザで実際にsudoコマンドを実行するか、「id」コマンドでsudoグループに所属しているかの確認を行うと良いでしょう。

「sudo」を許可されていないユーザが「sudo」を実行すると、sudoが許可されていない旨のメッセージが表示されます。

$ sudo ls
[sudo] password for ユーザ名: 
ユーザ名 is not in the sudoers file.  This incident will be reported.

シェアする